【ロクでなし魔術講師と禁忌教典】2話『ほんのわずかなやる気』 感想 マジカルパンチが火を吹きます!

2017年4月19日

感想

実はですね。アニメの感想とちょっと違う話になるんですが、1話の記事を書いた時にどういうわけだかグーグルの検索結果のかなり上位にこのブログが表示されまして、たぶん一番上の時で4位くらいに。

しかも、書いた直後に上位に表示されたために、凄い瞬発力を発揮した思い出深い記事なのです。

今でも1話の記事を読みに来られる方が多いですね。けものフレンズを凌駕する勢いです。凄いぜロクアカ!

そんなわけで2話でした。

結構話が動く回でしたね。2話目でもういきなりロクでなしじゃなくなったんですが、いいのかそれで!アイデンティティ崩壊じゃないか!

なんかこう、もうちょっとギャグ寄りの話なのかと思ってたんですが、結構シリアス寄りな印象を受けました。最近、ちょっと面白いなと思ったらすぐに原作を買いに行こうとしてしまうので、我慢せねば。

次にどうなるかなんとなく知ってて見るのって安心感あって好きなんですよねぇ~。原作を1回目に読んだ瞬間はネタバレでもなんでもないわけだし。

今回の話で明らかになった部分で気になったのは『メルガリウスの天空城』ですかね。なんでしょうあの空に浮かぶ城。あんなん浮いてたらそら俺でも行ってみたくなるよ。

あと、魔術の授業って楽しそうですよね。それを教えるグレンも楽しそうでした。あれだけ詳しいのに魔術嫌いって事はないですよ。その辺どうなっていくんでしょうか。

なんか、授業風景とその手法は頭の良いGTOという感じの印象でした。意外性的なね。

お話の最後に謎の2人組が現れました。彼らは何者なんでしょうか。気になるところで来週をお楽しみに。

公式HPはこちら

キャラ人気投票もやってますよ。現在中間発表でルミアが1位でしたよ。

公式ツイッターはこちら

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

 

他のブログの感想はこちらから!