【Dr.STONE】第10話『科学の徒』感想 千空が・・・。

2017年5月22日

感想

小学生の頃から完全に子供ではないオーラを出していた千空。泣きながら、震える手で車を売ってお金を作り、千空の夢に賭けた父。いい親子愛ですね。母親はいないのかもしれない。

で、内容でも書きましたがどうやら大樹と千空は小学校の頃からの幼馴染のようです。途中千空の謎機械が壊されるのを必死でかばう熱いシーンがありました。

で、そこからたぶん中学生の頃に杠が仲間に入る感じですね。手芸部の小川杠さんに作ってもらった編みぐるみ。なんだこの青春の香りは。

ちなみに、高校の制服とは杠のリボンが違うのでたぶん中学生。この頃からすでにあの謎のカチューシャを愛用しているようです。石になって砕けていないところが凄い。

千空が打ち上げたロケットから送信されてきた、宇宙にただよう編みぐるみの画像。こんな友達欲しかったなぁ。

で。

回想終わって、たとえ命を失うとしても科学は捨てない。という信念を貫いた千空。そんな千空を襲った司の刃。

さすがに千空が死んだとは思いたくないのですが・・・。

来週が楽しみです。

 

 

1話試し読み

ここから1話が無料で読めますよワオ!

公式ツイッターはこちら

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村