【漫画レビュー】STARTING GATE! ウマ娘プリティーダービー 1巻

第5レース

食堂でぶつかったウマ娘に、後日呼び出しをくらったスペシャルウィーク。

しかも、相手はどうやら去年転入してきた学園内でも最注目といわれるオグリキャップさんでした。

「カイチョーも注目してるんだよ!」とテイオーに脅され、不安になるスペシャルウィーク。

確かに怖かったかもしれないけど、そこまで極端にナーバスになるような事かしら・・・?と不思議に思うスズカ。

するとそこにフジキセキ先輩がやってきます。

フジ先輩からスペシャルウィークの身の上を聞かされるスズカ。

・スペシャルウィークは今まで自分以外のウマ娘に出会った事が無かった
・産みの親は彼女が幼い頃に死んでしまった

という事を聞かされ、スペシャルウィークは本当は内心不安でしょうがなかったのに無理をして明るくふるまっていたのではないか?という事に気付くスズカ。

なにやら決意を秘め、どこかへと向かいます。

第6レース

いよいよオグリからの呼び出しの日。

何を言われるのか不安でたまらず授業もまったく頭に入りません。

しかも、同室のスズカはなぜか遅くまで寝ていたので話も出来ませんでした。

呼び出しの場所に向かう途中でテイオーと出会い、一緒に行ってくれる事に。

果たして、オグリキャップからの呼び出しの内容とは・・・!

1巻ここまで

というのがだいたいの1巻の内容です。前半はほぼアニメと同じ感じで進みますが、後半はオリジナル展開です。アニメはやっぱり動かないとダメなのですぐにレースが始まりましたが、漫画版は全然そんな気配がありません。

どちらかというと日常というか学園生活に比重を置いた内容でした。

これからどんどん漫画版の独自路線で話が動いていきます。

現在3巻まで発売されているので、次の2巻の内容もまた紹介したいと思いますのでお楽しみに。